住宅ローン借り換えランキングと金利の比較情報

住宅ローンを契約しているあなたに、ひとつご提案があります。

それは現在組まれている住宅ローンの見直しをしてみませんか?ということです。

 

長い年月をかけて返済するものですから、ひょっとしたら組んだ当時の金利のままだと損をしている可能性があるのです。たった1%の違いだとしても、ウン千万円×ウン十年だとすれば、総額の差は大きいのです。

 

住宅ローンは借り換えができます。今の低金利のときにローンを組みなおすと、返済金額を大幅に減額できる可能性があります。
当サイトの住宅ローン借り換えランキングを参考にして、おすすめの金融機関に申込みをしてみてはいかがでしょうか?

 

公的機関にも負けない低い金利が魅力的!

固定金利と変動金利の“ミックス金利”も選べる!!

ネット専用住宅ローンだからできる低い金利!

様々な手数料・保険料が一律0円!

公式サイトへ

 

当初10年固定ローンで1.30%を切る低金利さ!

手厚い保証と3つの無料サービスが嬉しい!

イオン銀行住宅ローン限定特典でお得に!!

イオン銀行でのお買い物が毎日5%OFF!!

公式サイトへ

 

金利は業界最低水準を実現!

変動金利から固定金利への借り換えにぜひ!

フラット35からフラット35への借り換えでもお得に!!

繰り上げ返済手数料・保証料は0円!

公式サイトへ

 

金利年0.1%優遇サービスキャンペーン実施中!

自動繰上返済サービスで返済負担を軽くできる!

保証料や各種手数料など様々なコストが無料!

FPによる相談対応もバッチリだから安心!

公式サイトへ

 

フラット35提供金融機関の中でも最低の金利水準!

繰上返済手数料はもちろん無料!

融資事務手数料が1.05%になる嬉しいサービス!

ネット専業銀行だから契約まで来店不要です!

公式サイトへ

住宅ローンについてもっと知っておきましょう

たいていの人にとって、住宅を購入するというのは一生に一度の大イベントですよね。そして「家賃と同じくらいの支払いで結果、家が自分のものになる」そんな感覚で、住宅ローンを組まれる方が多いのではないでしょうか。購入する方のほとんどが注目するのは、全体の借入金や金利というよりは「いくらの金額を何年支払うか」だと思います。

 

あなたは住宅ローンについて、どれくらいの知識をお持ちですか?
たくさんの種類があり実際は選べることはご存知ですか?
あなたが組んでいるローンの金利はどのくらいですか?

 

たぶん、この質問に瞬時に答えられる人は多くないと思います。
だから今、答えられなくても大丈夫です。

 

しかし、実際に返済をしているのは、あなたです。
あなたの人生を、ローンの重みで不自由にするより、少しでも知ることで自分の人生を自由に設計したいとは思いませんか?

 

人生の設計とは、将来の計画をたてること

住宅の購入には少なくない費用が必要です。少なければ数百万円ですが一般的には数千万円、物件によってはさらに桁の上がるものもあります。そのようなまとまったお金を一度で用意できる人はほんの一握り…。しかし、それを少ない資金で購入できる仕組みが住宅ローンです。

 

住宅ローンには、さまざまな種類があります。少しでもまとまった資金があるのなら、それを頭金にして残りを組むこともできますし、頭金ゼロでも組めるローンもあります。基本的には借入金額に金利を乗せて返済期間で均等割りにします。

 

ですが、借主の年齢や年収、家族構成などにより利用できる借入金額や返済金額が異なるのです。借主にどのくらいの返済能力があるのか、あればあるほど大きな借入ができるといえます。

 

自分の将来に借入金額がどれくらい占めてくるのか、無理のない返済計画をたてるのが賢いプランといえるでしょう。

今のプランを見直したくなったら…

もし金利が高いころに住宅ローンを組んであるのなら、借り換えをおすすめします。

 

借り換え、というのはより金利の低い金融機関に新たに借入をし、現在の住宅ローンの残金を一括で返済することです。それをすることにより毎月の返済額を減らしたり、返済期間を短縮できたりすることができます。どちらでも選ぶことができるので、今の生活をラクにしたいのか、それとも将来をラクにしたいのか。自分(と家族)で自由に設計し決めるのがよいでしょう。

 

ただ、借り換えの注意点があります。
新しくローンを組むことになりますので、以前と同じように保証料や事務手数料、ローン契約書の印紙代に登記費用などの経費が発生します。この支払いを念頭に置いた上で、それでも借り換えが得になるのか、を充分に吟味する必要があります。

 

借り換えが得になる場合の目安としては、金利差が1%以上、返済残り期間が10年以上、ローン残高が1000万円以上ある場合といわれています。これよりも金利差が大きかったり、返済期間が長かったり、残高が多かったりすればするほど、よりお得になるわけです。

 

しかし残念ながら、この条件に該当していてもお得とは限らない場合もあります。長期固定金利フラット35で金利が2〜3%で借りている方などはこれにあたります。

 

住宅ローンは本当に人それぞれです。しかし見直してみると、人生の設計が変わってくるかもしれません。まずは金融機関に相談してみるのはいかがでしょうか。


このページの先頭へ戻る